ばね指 原因 症状 治し方 テーピング

ばね指の原因と症状!治し方はテーピングが必要!?

スポンサーリンク

指がスムーズに動かせなくなる症状のことをばね指と言います。
多くの場合には女性に多く起こりますが指をよく使う男性でも起こる場合があります。
最近ではスマートフォンの使用によって起こることも多くなってきています。

 

当サイトではばね指について詳しく解説しています。
まずは基本的な概要についてお話していきましょう。
他のページでも詳しく掘り下げたことを載せていますのでご覧ください。

 

 

【ばね指とは…】
ばね指というのは腱鞘炎が指に起こっているものです。
指を曲げる際に動くのは腱です。
その周りを覆っているのが滑膜性腱鞘で、ここに炎症が起こることによって起こるのがばね指です。

 

簡単に説明すると指の腱に負担がかかることによって炎症が起こります。
指を動かす際に徐々に進行して引っかかりが生じるようになりばねのように動くようになります。

 

そのため主な症状は指がひっかかるようになり、ピンっとはるようにばねのように動く症状となります。

 

【起こる原因】
特になりやすい状態についてお話していきましょう。

・スマホ、パソコン、ゴルフなどによって指を頻繁に使用している
・妊娠〜出産後
・閉経後、更年期の女性

多くの場合は慢性的に負担がかかっている場合に起こります。
しかしホルモンバランスが崩れることによっても起こりますので注意が必要です。

 

「病気が影響している場合もある」
病気が関係している場合もありますので紹介していきます。

・関節リウマチ
・結核
・糖尿病
・人工透析

これらの病気が原因となって起こる可能性もあります。

スポンサーリンク

【治し方】
基本的には病院で治療を受けることをお勧めします。
しかしすぐに病院へ行けないかもしれませんので対処方法についても紹介していきましょう。

 

まずはマッサージを行いましょう。
ばね指を発症している指を全体にもみほぐしていきます。
手のひらから指の側面、先端をマッサージしていきますが、ここで重要なことは発症している指の手のひらまで伸びている腱も行うということです。

 

温める、冷やすを繰り返してみましょう。
お風呂で行うことがオススメです。
毎日お風呂に入る際に洗面器に40度ほどのお湯と水を入れて起き、手を入れるだけで終わります。

 

日常生活ではテーピングによって動かさないことも重要です。
安静にしていることで悪化することを防ぐことができます。
テーピングやサポーターなどで固定しましょう。

 

このように自宅で行っても治らない場合には病院で手術によって治療を受けることも出来ます。
長期間治らない場合には病院で医師に相談しましょう。

 

【まとめ】
ばね指は指を酷使しないようにすることで予防することが出来ます。
病気の場合には仕方ないとも考えることが出来ますが外的な要因がある場合にはそれを取り除くことによって改善する期待が出来ます。
発症した場合にはまずは病院で検査を受けましょう。

スポンサーリンク