ばね指 針 治療

ばね指の針等による治療について

ばね指とは指の腱鞘炎とも言われる疾患で、何等かの理由によって指の曲げ伸ばしに影響が出てしまう疾患になります。
腱鞘炎とはその名の通りに腱鞘という部分に炎症が起こる疾患ですが、そもそも腱鞘は腱を骨に沿わせる役割を持っています。
腱鞘は骨に部分的にくっついているトンネルのようなもので、そのトンネルの中を腱が通っています。
指を動かす時等は腱が腱鞘というトンネルの中を動くのですが、腱鞘に炎症が起きて腫れるとスムーズに動く事が出来なくなります。
これに伴い患部に痛みを感じたり、指等の曲げ伸ばしがスムーズに出来なくなったりといった症状が現れます。
 この腱鞘炎が指で発生して指の曲げ伸ばしが上手く出来なくなり、ちょうど指がバネのような動きをするのがばね指という疾患です。
一般的には朝方に症状が強く現れて、指を使ううちに徐々に状態が改善してくるのを繰り返すと言われています。
またばね指の状態から更に進行すると指が動かせなくなり、日常生活に支障をきたすようになるケースもあります。

スポンサーリンク

 ばね指が発生する原因については複数挙げる事が出来ますが、代表的なものとして仕事等による指の使い過ぎが挙げられます。
仕事等で指の曲げ伸ばしを何度も繰り返すうちに腱鞘に炎症が起きてしまい、ばね指が発生してしまう事になるのです。
それ以外にも糖尿病患者やリウマチ患者、透析を受けている人等にも発生する事が多いと言われています。
 ばね指の治療方法に関しては保存療法や手術、針治療等といった方法が用いられるのが一般的となっています。
保存療法では患部を固定する等して安静にし、その上でステロイド注射等を行ったりする事が多いです。
この治療で期待する効果が得られない場合には、腱鞘を切開する手術が行われる事もあります。
 また保存療法では期待する効果が出なかったけれど手術は回避したい場合は、針治療という方法もあります。
針治療とは専用の針をツボ等に打つ事で体に刺激を与えて、その刺激の効果で症状を改善するというものです。
ばね指の針治療は患部に針を打つ事もありますし、腕や首等といった広範囲を針で刺激して治療する場合もあります。