ばね指 手術後 腫れ 対処

ばね指の手術後の腫れへの対処などについて

ばね指では、手術後1週間程度腫れることはやむを得ません。
ばね指の手術自体は短時間で終わりますが、手術後の治りが早いというわけではありません。
ばね指は、手の指に起こる腱鞘炎の一種です。
手術で腱鞘を切り取るので、傷が指の奥深くまで達しています。
したがって手術後2〜3日程度で痛みなどは治まらず、腫れの場合は手術後1週間程度の期間を要します。
人によって体質が異なるので、手術後に腫れの状態がひどくなることもあります。
特に、中指の腫れがひどいという人が多いです。
そのような場合は、ステロイド注射や腫れを引かせる効果のある薬で対処しなければいけません。
想像以上に腫れがひどくなって我慢できないくらい痛みが激しい場合の対処法は、直ちに病院を受診することです。
先延ばしにしたり我慢したりして処置を怠ると、痛みなどの有無だけでなく治るかどうかにも影響を及ぼします。
ばね指の対処としては、温めることで血行が良くなってマッサージがしやすくなります。

スポンサーリンク

手術後の腫れというのは、切開した部分に炎症が起こっているような状態です。
我慢できないほどの激しい痛みの場合の対処法として、患部を冷やすと効果的です。
保冷材や氷水が入った袋を包帯の上から薄いタオルに巻くようにして包んで、患部にあてるという対処です。
このとき、患部に直接氷をあてたり水につけたりすることは、衛生的に良くなくて患部の冷やし過ぎにもなってしまうので控えた方が良いです。
この対処法は痛みを和らげるための応急処置にすぎないので、今後の適切な対処法は翌日に病院を受診して治療を受けるということです。
腫れは通常であれば1週間程度で引きますが、完全に痛くなくなるまでには時間がかかります。
痛みは、多くの場合に半年から1年程度残ります。
手術後2週間程度経過すると、リハビリも始まります。
痛みの様子を見て、少しずつならしていきます。
2〜3ヶ月程度経過するとばね指による不自由さはかなり良くなりますが、何かを握る場合などに痛むことがあります。
慌てないでしっかりとマッサージを繰り返すことで、痛みに加えてばね指の再発も防ぐことができます。
その後は、他の指がばね指にならないように気を付けることが大切です。