ばね指 症状 放置

ばね指の症状を放置していると指が動かなくなってしまうかも

ばね指と聞いてすぐにどんな症状かピンとくる人は少ないかもしれませんが、ばね指になっているのに自覚していない人も多く、実は多くの人がかかっている可能性のある病気です。
そしてこのばね指は、気付かないで放置していると最悪指が動かせなくなってしまう可能性のある、怖い病気でもあります。
治療にも時間がかかるので、症状を自覚したら放置しないで早めに治療を開始しましょう。
ばね指とは専門的には弾発指と言われる症状で、簡単に言うと指の腱鞘炎です。
指を動かす際に力が加わるため、炎症をおこしやすく、症状が進行すると指の曲げ伸ばしで引っかかりが生じるようになります。
主に更年期の女性がなりやすく、また妊娠中の女性もホルモンバランスが乱れることによって発生しやすくなります。
他にも指をよく使う仕事やスポーツをしている人、さらには趣味で手芸をしている人もなりやすい病気です。
すべての指で発生する可能性がありますが、多くは親指で発生します。
近年ではパソコンやスマホの普及で若いうちから指を酷使する人が多く、若年層でばね指を発症する人も増えています。

スポンサーリンク

ばね指になっても最初のうちは特に目立った症状は出ず、指に少し違和感を感じる程度ですが、症状がある程度進行することでばね指特有のばね現象が見られるようになります。
この段階で治療を開始すればいいのですが、ここで放置してしまう人も少なくありません。
ただ指は常に動かす場所なので、治療をせずに放置しているとどんどん症状は悪化してしまいます。
あまり放置していると指が曲がったまま動かなくなり、手術しなければならなくなる場合もあります。
ばね指を治すためには、なによりも指を動かさないようにして患部の炎症を抑える必要があります。
初期の段階で治療を始めれば、指を動かさないように安静にする保存療法で対応できます。
痛みなどが強い場合には患部にステロイド注射を打つのも有効で、この方法だと三カ月程度は傷みを抑えられますが根本的な治療にはならないのでそのまま放置するのではなく、極力指を動かさないよう安静にする必要があります。
あまり症状を放置していた場合には、保存療法での治療は難しく、手術によって腱鞘の一部を切開する手術療法がおこなわれます。
切開するのは一部なので、治療痕も小さくてすみます。