ばね指 手術後 痛み 原因

ばね指における手術後の痛みの原因や対処などについて

ばね指の中で、特に辛い症状は痛みです。
日常生活における動作で非常によく使われる部位である指は、痛みがあると様々な動作を行う際に支障が生じます。
手術後の傷の痛みやばね指に引き起こされる痛みは、続く場合があります。
手術後数時間は局所麻酔によって感覚がありませんが、手術後一定時間経過して傷が痛むのは切開したことが原因です。
処方される痛み止めを服用するのが良いですが、体質が原因で薬が効きにくいことがあります。
我慢できないくらい痛みがひどい場合に使用時間の間隔を守らないで服用することは控え、医師に相談することが大切です。
加えて手術後に腫れがある場合は、炎症が悪化しているという原因が考えられます。
腫れが数日経過しても治まらない場合も病院を受診する必要があります。
病院での対処としては、ステロイド剤などが処方されます。
ばね指の手術の目的は、ばね現象の原因となっている靭帯性腱鞘の引っかかりを除去して、指の曲げ伸ばしをしやすくすることです。

スポンサーリンク

手術後も、ばね指の原因となっている炎症は除去されません。
手術後に傷ではなくてばね指に引き起こされる痛みが続く場合には、根本の炎症が治っていないことが原因だと考えることができます。
手術前の状態によっては数ヶ月から1年以上痛みが継続する場合があるので、手術後も治療が継続されます。
手術後しばらく経過しても痛みが治まらない場合は、腱鞘の炎症が治まっていないという原因が考えられます。
湿布などを併用するとか指をマッサージしつつ少しずつ動かすというリハビリを行って、ばね指の治療を粘り強く行うことが大切です。
手術後1週間の時点で症状が起こるのはやむを得ませんが、2週間程度経過すると手術前よりも状態が良くなります。
また、安静にしてずっと動かないという状態は良くないので、医師と相談してどのようにリハビリを行っていくか決めていきます。
ばね指の治療法については、主に保存療法と薬物療法があります。
症状が軽い場合は、抗炎症剤の投薬やレーザー治療が行われます。
症状が改善されないとか再発を繰り返すような場合は、手術が行われます。